トップ > なんでも相談室(FAQ) > スバル車について

スバル車について 中古車購入について オートフロンティアについて


スバル車について


Q1


水平対向エンジンはオイル漏れが多いと聞きましたが事実ですか?


A1 確かに直列型やV型エンジンと比べるとにじみ(漏れ)やすいのは事実です。
構造上の問題ですので、多少仕方がない部分はありますが、日常のメンテナンスをしっかりと行う事で十分カバーできる範囲内です。




Q2


スバル車は全部4WDなんですか?


A2 そんな事はありません!4WD以外にも前輪駆動(FF)もあります。
台数は少なめですが……




Q3


レガシィのツインターボには段付きがあるって言いますがどうなのでしょうか?


A3 結論からお答えすると、答えは『あり』ます。段付き現象とはレガシィに採用されているターボの形式がシーケンシャルツインターボのために起こってしまう現象です。
ただ、一口にレガシィといってもモデルによって段付き具合が違います。
初代のBF・BC型はよく分かりませんが、2代目のBG・BD型は気になる方も結構いらっしゃるかもしれません。
3代目のBH・BE型ではかなり改善されていて、ほとんど気にならなくなっています。
但し、どちらの型もAT車に乗っている方はほとんど体感する機会は無いと思います。
なぜなら、2つめのタービン(セカンダリタービン)を使う前にシフトチェンジされてしまう事がほとんどだからです。
まあ、裏技を使うと段付きを消す事も可能ですよ。ちょっとした改造が必要になりますが……




Q4


フォレスターの購入を検討していますが、グレードがよく分かりません。教えて下さい。


A4 2002年2月以降【SG型】(現行モデル)と、2002年1月以前の【SF型】があります。詳細はリンクをご確認ください。



Q5


インプレッサに付いているドライバーズコントロールセンターデフとはなんですか?


A5 ドライバーズコントロールセンターデフ(以下DCCD)とは、4WDの駆動輪の前後比率をは50:50〜35:65の間で任意に設定を変更できる機能です。通常の4WDは駆動輪の前後比率は50:50に設定されていますが、もともとはラリー走行時に路面状況が変化しても瞬時に対応が出来るように開発された物なのです。
ちなみに、GC型ではDCCDとクロスミッションはセットで装備されていますので、用途を良く考えてから購入した方が良いと思います。 GD型(Cタイプ以降)では自動で設定を変えてくれるオートDCCDもオプションとして設定があります。




Q6


ターボ車って燃費はどのくらいですか?


A6 これは難しい質問ですね〜。
正直な所、乗り方やお車の状態、車種によっても変わってきますがレガシィですと、だいたい7Km前後。インプレッサで8Km前後。フォレスターで7〜8Kmってとこではないでしょうか?
これはAT車の平均ですのでMT車では若干プラスされますが、MT車はAT車よりも運転手に燃費が左右されやすい事は憶えておいてください。




Q7


他のメーカーだと電装系が弱いとか言う事がありますが、スバル車には弱点ってありますか?


A7 なかなか答えづらい質問です。^^; でも正直にお答えしてしまいましょう!
よくスバル車の弱点にミッションが弱いと言う方がおられますが(特にインプレッサ)半分正解、半分不正解だと思います。たしかに平成8年式以前までのスバル車に関してはあまり強い方ではないと思います。特にインプレッサに関しては目も当てられません……・。
ただ、平成8年式以降は大幅に改良され280馬力以上にも耐えられる設計になっていますので安心して乗ってください。(※ターボ車以外ではどの年式でも特に心配ありません)
あとは、大変質問を受ける事の多いオイル漏れの件ですね!(※上記A1を参照)
それと、最後に一番でる可能性の多いのがエアフロセンサーの異常です。
これに関しては完全に運次第のようです。社外のエアクリーナーに交換すると異常がでる可能性は間違いなく上がるので気をつけて下さい。
因みに異常が出ても無料で直せる事もありますので、一度ご相談頂いた方が良いと思います。
かなり長くなってしまいましたが、大体こんな感じだと思います。(他にも気付いたら追加します!)




Q8


スバル車は社外マフラーを取り付けると、なぜあのような音がするのですか?


A8 いわゆる『ボクサーサウンド』ですね。一言で言うと『排気干渉』のせいです。排気ガスがエキゾーストマニホールド(以下EXマニ)内部でぶつかってしまい、スムーズに排気できないためです。
水平対向はエンジンが特殊な形状をしているため、排気ガスが通る長さがそれぞれ違う非等長タイプのEXマニが採用されていますので、排気ガスがぶつかってしまう現象が起こるわけです。
現行型(BP・BL型)のレガシィ(一部のグレードのみ)と現行型(GDB型Cタイプ以降)には完全等長タイプのEXマニが採用されているためボクサーサウンドは消えています。

 



Q9


レガシィの【Eチューン】と【EチューンU】の違いを教えて下さい。


A9 まず両グレードの発売期間ですが
Eチューンが平成10年6月〜平成13年5月。EチューンUが平成13年6月〜平成15年5月となります。
基本的に発売時期が違いますので、マイナーチェンジでグレードの名前が変わったと思って頂ければ問題ないと思います。
細かい変更点は、
・アルミホイールのデザイン変更(5本ツインスポーク ⇒ 5本スポークに変更)
・ヘッドライト・バンパー・グリルのデザイン変更(見た目はかなり変わっています。)
・エンジンの若干の変更(馬力などは変わっていません。)
・メーカーオプションにサイドエアバックを追加
・ボディカラーの変更
 (アークティックシルバー→プレミアムシルバーに変更)
 (ブラックマイカ→ブラックトパーズマイカに変更)
 (グランブルーマイカ→ノーティックブルーマイカに変更)
まあ、ざっとこんなところでしょうか。




Q10


自分好みにチューニングをしたいのですが、やってはいけない事などはありますか?


A10 チューニング大賛成です! ただ、不具合等が出てしまった場合は完全に自己責任になると言う事はご承知下さい。基本的にやってはいけない事はありません(車検が通らない等、法令に触れる事は別です)。
チューニングと言うのは食べ物の食べ合わせと似ていますので、パーツの組み合わせによって状況が変わります。ですので一度ご相談を頂いたほうが間違いはないと思います(社外のエアクリ、特に剥き出しのタイプには要注意です)。
外装パーツに関しては、完全にお好みで選んで頂くのがベストだと思います!




Q11


GC系のソニックブルーに乗りたいのですが中古車雑誌を見てもグレード?がいっぱいあってよくわかりません。


A11 GC系と言う事はセダン、またはクーペでお考えと言う事ですね。
何種類かございますが、全て台数限定発売の車輌です。
まずはセダンのソニックブルーマイカの設定があるグレードをご説明します。
全部○○リミテッド(以下LTD)とつきますので、わかりやすいとは思います。

WRX RA STi Ver-W LTD(E 型)
WRX RA STi Ver-X LTD(F 型)
WRX RA LTD(F 型)
WRX RA STi Ver-Y LTD(G 型)
WRX RA LTD(G 型)

以上がセダンです。
専用の装備としては
LTD専用色のシート(フロント2脚)、クロスミッション、DCDC(STiのみ)
専用レイズ製アルミホイール(G型のみ)ルーフベンチレータ(STiのみ)となります。
クーペですと、以下のような感じです。

WRX タイプR STIバージョン (D型 バージョンVのクーペ)
WRX 22B STi(E 型ベース公認改造車)
WRX タイプR V−LTD (E型)
WRX タイプR STi Ver-W LTD(E 型)
WRX タイプR STi Ver-X LTD(F 型)
WRX タイプR STi Ver-Y LTD(G 型)

専用の装備品は、ルーフベンチレータ(全部)、純正サイドステップ(全部)
専用レイズ製アルミホイール(G 型のみ)、フロントリップスポイラー(E・G 型のみ)
ちなみにシートは通常のSTiと同じ物です。クーペに関してはクロスミッション・DCDCはLTDでなくても標準で装備しています。
なお、ワゴンにも2グレードだけ、ソニックブルーマイカの設定があります。

WRX STi-Y LTD(G 型)
C'sスポルトU (G型)

LTDの専用の装備品は、専用のシート(このシートはワゴンのLTDにしか設定がありません。)
レイズ製アルミホイール純正のフルエアロの3点です。その他はワゴンのSTiと同じです。
C'sスポルトUの専用装備は、STIにしかついていないリアスポイラー&WRX用のフロントバンパー
それと専用の内装です。ターボは嫌だけどソニックブルーがいい!という方にお勧めですね。

スバル情報館というサイトがあります。マイナーチェンジの時期など参考になるデータ多数あり!




Q12


ターボ付きの車は寿命が短いと聞くのですが、本当ですか?


A12 そんな事は全くありません。
当社にご来店されるお客様でもターボモデルは10万Km程度が限界と思われている方が多いのは事実です。
ですが、実例を挙げますとターボモデルで26万Kmまで乗られたお客様もおられますし、20万Km手前でお乗換えになるお客様も多数おられます。
水平対向のエンジンは非常に丈夫に作られています(消耗品の交換は必要ですが)。
しかし、ターボモデルはNAに比べて、メンテナンスが難しいのは確かです。
現実にはどんなモデルでもオーナー様が大切にしてあげれば車はちゃんと期待に応えてくれると思います。




Q13


現在、BH系のGT−Bに乗っています。
どうしてもブラックフェイスメーターを装着したいのですが、移植はできますか??



A13 『頑張れば出来ます!』以上です。
まあ、細かい事をご説明致しますとご用意しないといけない物がかなり出てきます。まず、当然ですがブラックフェイスメーター本体(以下BFM)、BFMにつける為のカプラー、通常のメーターとBFMの配線図、あとは少しの知識とかなりの根気をご用意してください。(標準でBFMが付いている車輌にはウインカーレバーにメーターの光度を調整するスイッチが付いていますので、ウインカーレバーも用意出来ればベストです。)
あとは配線を一つ一つ加工していけばOKです。(説明が非常に長くなりますのでここではカットますが)
要注意なのは2500t用のBFMを入手しない様に気をつけて下さい。正確に動作しません。ちなみにD型用のBFMはオドメーターとトリップメーターが同時に表示されますのでお徳かもしれません。




Q14


エンジンオイル交換の周期ってどのぐらいがいいのでしょうか?


A14 汚れたエンジンオイルではエンジン性能が十分に発揮できず、燃費も悪くなり、故障の原因になる可能性があります。ですので、通常は3ヶ月もしくは3000キロで交換して頂くことをお勧めしています。
ちなみに、オイルフィルタは6000キロを目安に考えるとすごく安心ですよ。




Q15


プライスにマッキントッシュとよく明記されていますが、マッキントッシュって何ですか?


A15 世界的に有名なMclntosh社のプレミアムオーディオです。運転をしながら暖かくエネルギッシュな音、濃密なサウンドを楽しむことができます。



Q16


スバル車でVDCってよく耳にするのですが何なのでしょうか?


A16 VDC(ビークル・ダイナミクス・コントロール)とは、スバルが使っているスタビリティコントロールの名称です。オーバースピードでコーナーに侵入した際や、急激なハンドル操作などによって車両姿勢が乱れた際に、横滑りを防ぎ、優れた走行安定性を発揮します。車両姿勢等をセンサーによって感知し、オーバーステアと判断するとコーナー外側の前輪にブレーキをかけ、逆にアンダーステアと判断した場合は、エンジンパワーを落とすとともに後輪のコーナー内側のタイヤにブレーキをかける等のコントロールを、運転状況に応じて自動的に制御する安心のシステムです。



Q17


STIは何の略語ですか?


A17 STIはSUBARU TECNICA INTERNATIONALという意味で、 富士重工業(スバル)のモータースポーツ部門の子会社です。



Q18


AWDの利点・欠点は何ですか?
AWD=all wheel drive (四輪駆動)



A18 二輪駆動と比べると、四輪が駆動力を発揮するため、牽引力は大きく向上します。
特に、駆動力がタイヤのグリップ力(路面との摩擦力)を上回り、空転が発生しやすい摩擦係数の低い路面では、各タイヤの接地面にかかる駆動力を分散させることができ、空転を抑え、悪路脱出性や高速走行性に優れる利点があります。
一方、駆動系の追加は、二輪駆動に比べ、構造が複雑でコスト高となり、重量と抵抗が増えるため燃費は悪化し、ばね下重量の増加は乗り心地にも影響が考えられ、また、ドライブシャフトやギアが増えるため、音振でも不利と予想されます。




Q19


よくテレビや雑誌でカー・オブ・ザ・イヤーといった話を聞いたりしますが、スバル車でこの賞をとった事はあるんですか?


A19 実はあるんです〜!!
レガシィ4代目となるBP/BLモデルがデビューした2003年、スバル史上初となるカー・オブ・ザ・イヤーを受賞しました。
大きな変更点としてはボディサイズが拡大され、3ナンバーサイズになったこと、そして、人気モデルにありがちな「熟成」ではなく「変化」を求めた結果、スバル初となるカー・オブ・ザ・イヤーに輝いたのです。





よくあるご質問


スバル車について

中古車の購入について

オートフロンティアについて

その他のご質問


お問い合わせ先

お客様の声 | ベストショット賞 | なんでも相談室(FAQ)

←前のページへ戻る

スバル/SUBARU/レガシィ中古車(レガシー/B4/アウトバック)/インプレッサ中古車/フォレスター中古車/スバル車専門館/無事故車/オートフロンティア